忍者ブログ
DIARY
2020 . 02
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • カレンダー
    01 2020/02 03
    S M T W T F S
    1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    フリーエリア
    最新CM
    最新記事
    (04/20)
    (04/20)
    (04/20)
    (04/15)
    (04/14)
    最新TB
    プロフィール
    HN:
    Rebel Under Brigade
    性別:
    非公開
    バーコード
    ブログ内検索
    最古記事
    (11/17)
    (11/18)
    (11/19)
    (11/20)
    (11/22)
    P R
    アクセス解析
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。





    825aff0d.jpeg



    FFYRのキャップが可愛いので

    しばらく

    というか

    ながらく 見とれてる


    絵とか、好きでよく美術館に行くけど

    美術館にいる人は
    お金を払っているからか

    展示物をジックリ・ユックリ見てる人が多い

    でも服屋では
    ビビるくらい、急いで見る人が多い

    見てないでしょ?ってくらいのスピードで

    連続ビンタみたいな服への接触方法。。。



    なんでだろ??

    っていつも考える

    何が違うんだろ?

    僕にはあまり分からない

    アートだな☆

    って感じる服や小物は沢山ある


    着れるアート

    纏えるアート

    身に付けるアート


    見るだけならタダだ
    試着もタダ


    何処行っても

    感じる MYアンテナは持っておきたいし

    瞬発的にガッっと開く眼も持っておきたい



    よく街外れの古い看板に見とれて動けない事がある

    スゲ~スゲ~気になって

    店の人に声を掛けてみるも
    めっちゃ愛想悪かったりもして、、、

    それもまた楽しい


    何が言いたいのかって

    そ~ゆ~こと


    白々しい事とは早くオサラバしたい

    blogでもtwitterでも
    個人が立派なメディアになりうる時代に

    マスに流されていたら
    結局のトコロ、それはアッチ側に加担しているだけで

    コッチ側からはドンドン遠くなってる

    って事、早く気付いて欲しい

    本当に


    でも生きていく為には…

    みたいな説明を必ずされるけど

    俺も生きてる

    って言いたい

    ってかむしろ叫びたい








    PR
    CINEMA dub MONKS HOME STYLE PHOTO
    Copyright © REBEL All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]