忍者ブログ
DIARY
2020 . 04
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    03 2020/04 05
    S M T W T F S
    1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30
    フリーエリア
    最新CM
    最新記事
    (04/20)
    (04/20)
    (04/20)
    (04/15)
    (04/14)
    最新TB
    プロフィール
    HN:
    Rebel Under Brigade
    性別:
    非公開
    バーコード
    ブログ内検索
    最古記事
    (11/17)
    (11/18)
    (11/19)
    (11/20)
    (11/22)
    P R
    アクセス解析
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    「Anonymous KOBE」時代も含め
    ふと気付けばショップをオープンさせてから7年が経ち
    8年目に突入していました
     
    店を始めた頃って世の中はどんなだったかな?
     
    多分ココまでネットをみんなが使っていなかったし
    まだ足でカセイデいた人も沢山いたような気がする
     
    自分も今年30才になって
    年齢だけは大人の仲間入りをしたような気がするけれど。。。
     
    変わっていかないといけない事
     
    譲れないもの
     
    色々ありながら、日々は流れていく
     
    僕はあまり表層には興味がないので
     
    面白いコトをしたい
    面白いモノを見つけたい
     
    という部分がやっぱり
    自分の譲れない事なのかなぁと感じています
     
    「ファッションに興味のナイ服屋」
     
    というか、人間 服を脱いでからが勝負や!
    的な感覚が常にあります
     
    例えるなら
    お風呂屋でハダカの状態で
    格好良いなぁ
    雰囲気あるなぁ
    そんな風に感じさせる人はドンナ人?
    そういう感覚です
     
    ヒトをお洒落にしたい
    とか
    世の中がもっとお洒落になれば。。
    なんてことは一切思った事がないし、興味がないんです
     
    そんなことはどうでもよくて
     
    それよりは
    自分の好きなモノをひたすら突き詰めていきたい
     
    例えば好きな音楽を突き詰めた結果
     
    その延長で出会ったモノ、コト、ヒト
    それで得たモノサシで
    自分にピッタリくる服と出会えたときの心地良さ
    を楽しみたいんです
     
    「モノを選ぶ」
     
    という行為は

    無頓着であっても、ものすごく興味があっても
    必ず自分のモノサシが用いられています
     
    ヒトの意見に左右されながらの
    あいまいなモノサシもあるけれど。。
     
    でも大切なのは
    そのそれぞれの「モノサシ」だと思うんです
     
    「Rebel under brigade」には
    僕のモノサシで集めた「コレ!」というモノを詰め込んでいます
     
    これからもどんどん詰め込んでいこうと思っています
     
    色々な人が色々な想いを込めて作ったモノ
     
    それらを大切に

    大事にしてくれる人に

    想いを感じてくれる人に

    届けていきたい
     
    そんことを思いながら

    僕は日々、ここにいます。


    r2.jpg
    PR
    STYLE PHOTO HOME 9.25
    Copyright © REBEL All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]