忍者ブログ
DIARY
2017 . 09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    08 2017/09 10
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    フリーエリア
    最新CM
    最新記事
    (04/20)
    (04/20)
    (04/20)
    (04/15)
    (04/14)
    最新TB
    プロフィール
    HN:
    Rebel Under Brigade
    性別:
    非公開
    バーコード
    ブログ内検索
    最古記事
    (11/17)
    (11/18)
    (11/19)
    (11/20)
    (11/22)
    P R
    アクセス解析
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。





    土日で淡路島へ。。

    が、高熱頭痛で
    久々にダウン

    意識朦朧としながら、会場へ

    UAのライブ

    1音目で目が覚めた

    こもってる感 宿ってる感が
    以前にも増してありました

    2日目のメインは高木正勝さん

    野外で聴くのは初めて

    この日は夜でも暖かく
    秋風とピアノがとても心地良かった

    いつ行っても淡路は
    海や朝陽、夕陽が美しく 
    これからはこれが毎日見れるのかと思うと
    それだけで何か宝物が増えるような気分になります





    入った方が汚れそうな銭湯にも行きました



    デカデカと書かれた暖簾をくぐると誰もいなかった

    番台と男湯と女湯を分ける仕切り板

    女側から物音が聞こえる
    ってか それしか聞こえない

    何故か咄嗟に、願望的にも
    若いキレイな女性を思い浮かべました

    しばらく待っても誰もいないから
    仕切り板越しに仕方なく声を掛けた

    お店の方って...
    お金どうしたら良いですかね...

    “わたしが預かろうか?”

    返事の声は明らかにバアちゃんだった

    奥の壁は一面に富士山!!

    ではなく、遠慮がちに弱々しい水彩画タッチで花が描かれてた

    入り口のドアは経年変化と言ったら聞こえは良いけど、要は汚れで
    水墨画で描かれた秘境みたい

    一緒に行った友達は
    “なんか 痒くなってきた気がする”
    と言って、湯ぶねには浸からず体だけ洗って逃げるようにソソクサと出て行った

    ぼくは湯ぶねに浸かりながら
    タイル壁の向こう側には若いキレイな女性がいると確信想像しながら目をつぶった

    病み上がりだけど
    そんな想像が出来るのは元気になった証拠だと感じた

    でも
    しばらく経って聞こえてきたのは
    やっぱりバアちゃんの世間話だった

    良い湯だな ahaha...





    PR
    Ajaib 7th anniv HOME 鳥取
    Copyright © REBEL All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]