忍者ブログ
DIARY
2020 . 02
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • カレンダー
    01 2020/02 03
    S M T W T F S
    1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    フリーエリア
    最新CM
    最新記事
    (04/20)
    (04/20)
    (04/20)
    (04/15)
    (04/14)
    最新TB
    プロフィール
    HN:
    Rebel Under Brigade
    性別:
    非公開
    バーコード
    ブログ内検索
    最古記事
    (11/17)
    (11/18)
    (11/19)
    (11/20)
    (11/22)
    P R
    アクセス解析
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。







    3534447d.jpeg

    f0e07523.jpeg

    d671d455.jpeg

    50ba707a.jpeg

    043e3a9c.jpeg

    6ff93b22.jpeg

    5597bad6.jpeg

    44251324.jpeg

    5月4日 吉祥寺キチムにて
    曽我大穂さん × haruka nakamuraくん + 打楽器 SAITO ISAOくん の即興音楽

    2月のライブがとても ! とても!!!!!!!
    言葉で表し切れないくらい 素晴らしかったので再び☆

    東京にいるうちにもう一度 出来るかな? どうかなぁ?? と思ってたから
    実現出来て本当に嬉しい

    静かに、静かに、、ライブがはじまる
    キチムは緊張感に包まれていた

    こどもの日 前日という事で
    こいのぼりや赤とんぼの演奏もあった

    音の手品を観ているような気分
    二人の手にかかれば、童謡もあんな風に変化するのか

    1部が終わった頃 控え室に原田郁子さんがやって来て

    “聞きたかったら聞いてるし、入りたくなったら入るね”

    ワクワクした
    ぜったい入って

    って心の中でおねがいした

    2部の途中

    風のように現れて
    大穂さんのピアニカを吹いたり
    ISAOくんの楽器で遊んだり
    歌ったりして

    また風のように何処かへながれた


    最後の曲ではharukaくんと郁子さん 二人 肩を並べて連弾♩

    みんなに羽が渡されたような瞬間だった

    誰も言葉を交わさないのに感じ合って響き合ってこだまして。。。

    最後の一音が消えると
    とても嬉し恥ずかしそうにはにかむ二人がとても可愛らしかった

    この日は自分勝手に
    東京から送り出してくれる、見送りの音だと思って
    目を閉じて聴いていた

    e9e85cf6.jpeg

    bc15f63d.jpeg

    37fa10d9.jpeg

    726c1591.jpeg


    淡路でもまたあのこだま 聴きたいな






     






    PR
    HOME キチム
    Copyright © REBEL All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]